【知っているけど知らなかった】ネガティブシンキングは古い【マインド編】

どうも、しゅに。です。


知っているけど、知らなかったシリーズです。

マインド編、皆さん知っていると多いと思います。
知っているというより、感じたことが多いと思います。


落ち込むこと
病むこと※JKが普段使う意味
後ろ向き
ネガティブ

の重要性についてです。



重要性というよりかは
デメリットを把握しておくことの重要性です。
デメリットを意識することで、メリットに活かせます。

基本的に何かうまくいかないと
落ち込むと思います。
例えば、
バスや地下鉄に間に合わないといけない時刻に一生懸命頑張ったがm間に合わなかった時
勉強した科目の試験、資格の点数が満たなかった時

落ち込むと思います。


LINEが彼氏から帰ってこないと病むと思います。


一度同じ様な失敗経験をしている人は、同じ様な事柄に挑戦する際に後ろ向きになると思います。


これらは全部横文字にすると


ネガティブと言います。


ネガティブが引き起こす、機会的損失。


失敗からくる落ち込み

最悪の着地3点
・とにかくなぜ失敗したのか振り返る
・〜だから
・そもそも〜しなければよかった

基本的にネガティブに入ると考えるいうよりかは
振り返ると思います。
何よりも考えるよりも振り返る方が頭を使わずに済むからです。
ネガティブに入ると、心が弱っているわけですから
そういう時は無意識に脳は楽を選択していきます。


そもそも上記3点には流れ フローのようなものが存在しています。


スタート
 ↓上手くいかなかった場合 
上手くいかなかった理由、言い訳を探す。 
 ↓失敗しているので、当然心が満たないのでさらなる言い訳追求
人のせいにする。ここで解決
 ↓※新しいことを始める
上に戻る


このフローで回ります。

ネガティブモードに入ると何をしても上手くいかないです。
そのうち上手くいく事も有りますが、それは時間をたくさんかけてたまたま成功しただけの話です。

人生は成功を積み重ねなくてはならないので
コンスタントに成功を積み重ねなければなりません。

ここまでくるとネガティブはデメリットの塊です。
失敗して落ち込んだり、BAD入ったり
古いです。


ネガティブに入る要素として
一生懸命頑張った
大切にしていたこと
思いが強いことで
上手くいかないことが一つでも起こると
すぐにネガティブになります。

一生懸命頑張った勉強
大切にしていた彼氏

試験では赤点
彼氏からは連絡がこない


誰しもネガティブになるとおもいます。
ただネガティブになると上で書いたように負の連鎖
負けの流れに入ります。


解決策としては
ネガティブに入った後にすぐ、頑張ることです。
これしかないです。


ネガティブ状態に入った時はエネルギーを取り入れ、次に進みましょう。
エナジードリンク飲むでもよし、好きな音楽聞くでもよし
なんでもいいです、好きなこと一瞬でもいいので行動に取り入れ
すぐに次に進みましょう。
人生手詰まりなんて状況には中々ならないものですから
何かできることがあると思います。

考えましょう。
考えることができたのであれば、ネガティブは卒業です。


解決策とネガティブについてのデメリットは伝わりましたか??
まだまだ伝わっていない、足りないと感じていますので
マインドについては今後も徒然と書いていきます。

途中ですがありがとうございした。