読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

就活。将来。やりたいことがわからない。わからない人のための結論の出し方。

どうも、しゅに。です。
私も何を隠そう就活経験があった為、就活についてです。
ただ就活より一歩手前のメンタルの段階
やりたいことがわからない。について今回は書いていきます。


やりたいことがわからなくて悩んでいる人は
そもそもできることが何もなく
選べる状況でも無いのに悩んでいるから、無限ループしている。


就活以前に、今何がやりたいのかわからない。
何をしたらいいのかわからない。
二ヶ月後に何をしているのかもわからない。

だいたいこんな感じですか?
特に高校3年で出てくる感情だと思います。

今までは敷かれたレールを突っ走ってきたと思いますが
いきなりある意味突き放される瞬間です。
格差もここでかなりできます。


今までは周りの人を見て、周りの人と同じことを一緒にやって
周りの人より少し賢かったり、いい数字を出せると評価してもらえたり
ある意味楽だったと思います。
頑張ることもたくさんあったわけですし
頑張らなくても生きて行けたわけですし
なんと言うかある意味、考えなくても生きていける環境だったと思います。

そんな環境から一転色々考えなきゃ行けない状況に陥るのが高校3年生
自分の学力
親の経済状況
自分の経済状況

何よりも自分が何をやりたいのかすらわからない


進学の就活もどうするか決められない人が多いと思います。


話は変わりますが、
世の中騙す人より騙される人の方が多いと思います。
ある意味当たり前ですが。

ただなぜかと言うと、騙す人はそれなりに頭を使い考え騙します。
騙される人は考えなしに騙されます。

これからわかることは、ほとんどの人はあまり物事を考えないわけですね。
だから考えることに慣れていない人が考えることに慣れていないから結論がなかなか出せない


案外、何食べたい?

この質問にすら答えられない人が多いと思います。
それに答えられたとしもいい正解を投げられる人はいないと思います。
この話は別に話しますが

人は疑問から結論に出すことができる動物ですが
結論を出すことは大変なことで
疑問は人を殺しかねないものです。


結論を出すと

まず現状やりたいことがわからない人は
就活のために履歴書を書きましょう。
履歴書を書くために履歴書を買いましょう。

この一巡の流れが終われば
履歴書を出すために、エントリーしまくりましょう。
働く場所を悩む前に選べるように。
たくさん内定を勝ち取りましょう。
無いものは選べないわけですから。
たくさん内定を勝ち取りましょう。

一通り就活が終わったらできることをしましょう。
やりたいことはその後です。

何事もやりたいことは、やらないと行けないことが終わってからです。
やらないと行けないことをしながらでもいいのでやるたいことを探しましょう。
そうすれば、本来の悩みは解決します。
おじいさんおばあさんになる前には見つかるといいですね。

結論一言で言うと
やれることをやるです。