テレまとめ。

マインドの達人が伝えるテレまの基本

テレアポ 電話営業。しつこい。うざい。やかましい。邪魔臭い。詐欺。

どうも、しゅに。です。
突然、家電がなり。
電話を取ってみるとそれはテレアポ

忙しい時のテレアポうざいですよね?
やかましいですよね?
そういうの邪魔臭いっていうんですけど。
今日はそんなテレアポについてです。



本当に多いと思います。
テレアポ
電話営業


不動産、インターネット
投資、証券
ウォーターサーバー
保険、リサイクル
食品の押し売り。
ダイヤモンド
ブランド物、ルウィビトンですら電話営業があります。
なんでもありだと思います。


色々あるがゆえに、中には営業電話、テレアポで毎日電話が鳴るお家もあるかと思います。

営業する側からすれば、数打ちが当たり前ですが
お客さんからすれば、たくさんの電話が来るわけで
もう散々な思いをしていたりするわけです。

中には心無い営業マンもいて
ほとんど詐欺まがいの営業もあります。
それで度々ニュースになっていたりするわけです。
地方では電話勧誘に注意観測を促している地域もあったりするくらいです。

それくらい急にかかって来るテレアポ、電話営業にはいい印象がないのが一般的な印象です。




ただ、電話営業を生業にしている人も沢山いるわけです。
コールセンターは受信だけではなく、発信系アウトバウンドなる
営業の電話、テレアポは日本の雇用を支えている大切な一つの形なのです。


それが故に営業マンはこのテレアポの悪い印象の事実に、立ち向かって行かなくてはならないのです。
己が生きるため、家族を養うため
なんにせよ。

電話を握り、電話番号を押し
発信する者としては立ち向かわなければならなく
立ちはだかる、問題です。


色々ありますが

コールセンターで働く人に伝えたいことは

誇りを持ち続けることの大切さです。

忘れないでください。