テレまとめ。

マインドの達人が伝えるテレまの基本

学生、フリーター、会社員、サラリーマンの違い。


どうもしゅに。です。


しゅに。は社会人です。
ほぼ週6日働いています。笑

社会人2年目になりますが、ここで気づいた
タイトル、今回のお題 「学生から社会人。学生と社会人の違い。会社員とフリーターの違い。」

についてです。




蓋を開くと
結局今回も


マインド編です笑


私、しゅに。も大した知識や特技がないわけなので
結局伝えられるのはマインド術になるわけです。


今年23歳の青マインドですが笑


ただ、会社に勤めることによって学生の時と比べて比較的に

年の離れた、年上の人と接するタイミングがかなり多くなったと感じます。


学生の頃ですと、年上とすればいつも小馬鹿にしていた教師
まあ、学生の頃だと
例えば親や教師なんかは自分たちと比べると圧倒的に違うポジションだったわけですから
尊敬したりとか、すげえってあんまりなかったんじゃないかと思います。

言ってしまえばポジションの違いから保守的に接してくる大人たちがほとんどだったと感じます。


自分と近い立場で、自分よりもすごいことをしている大人を社会に出ると感じることができます。
なぜかというと、同じ立場だからです。
役職なんかは違う場合がほとんどだとは思いますが、同じ会社に勤め
同じ釜の飯を食う。
こう言った観点から見ると、先輩後輩いろんな関係があったとしても同じ立場なわけです。

食うために働く同じ立場の人間なのです。
依存しているものが会社、目標なんかも同じという点が大きいと感じます。


目標ですね。

同じ目標を追うもの同士がなんだかんだ仲間ってやつなんです。


社会人と学生の違いはここで明らかになります。
ちなみにフリーターも社会人ではなく学生として私はカテゴライズさせていただきます。

社会人は食うために。
学生、フリーターは学ぶため遊ぶために。


圧倒的ベクトルの違いがあります。
学生バイトと社会人の違いに気づかない人も世の中多いと思います
特にフリーターと会社員の差に気づけない人はかなりいるんじゃないかと思います。

なぜ隠れてほとんどの人が気づけないのかというと

実は労働の先にある報酬、お金という大きい存在で隠れてしまっているだけで実は全然違うものなのです。



フリーター、学生バイトのお金は遊ぶため、学ぶため、本業を補うため。
社会人は食うため。

ここでフリーターも食うためにやっているんだ!
という人が出てくると思うのですが、それであればなぜシフトが自由で
コストが低いフリーターをやっているのですか??
明らかに会社勤のサラリーマンの方が給料も高いですし、生きていくための手当が違います。


そもそもフリーターにはこんな簡単なことに気づくこともできない、
考えたこともない人が多いからだと感じます。
基本的にはフリーターは本業が何かあるはずです。
それを補うためにサラリーマンではなく、自由なフリーターを選んでいるわけなので

フリーターの目的が飯を食うため!という着地になるわけがないのです。
就活失敗続きのフリーターもいるのかもしれませんが、それも土俵違いなので勘弁してください。

ポジションの問題なわけです。





サラリーマンの目標ベクトルは
食うため生きるためなのです。


学生バイトとサラリーマンが同じ仕事をした場合
学生バイトがいい結果を出す場合がありますが、それは賭けているものが違うからです。

スロットで例えるなら
社会人20スロ
学生5スロって感じです。

同じ時間(投資金額)で戦った場合結果に差が出るのは見に見えてわかると思います。

スロットがわからない人のためにもう一つ例えるとすれば

難しくなりますが
くじで例えます。

結局運ごとになってしまったのですが

学生バイトが弾けるくじは

0円のくじ

ハズレですね。

もう一つが

10000円のくじ

あたりですね


こんな50%のくじがあれば誰でも後の結果なんて対して気にかけることなく
引きまくると思います。
どんなに効率が悪かろうが、どんなにハズレを引こうが
時間と体力以外に削るものがないのであれば引きまくる選択を誰もが選ぶでしょう。
そもそもこんなくじが目の前にあれば体力がなくなるまで
思考を捨てて引きまくるでしょう。

なんとなくこの感じがバイトと同じ感覚だと思います。



社会人は違います。
社会人が引けるくじも2種ですが内容が少し違います。


2万円の価値のくじです。

引けば2万、先ほどの学生が引けるくじと比べると価値が二倍ですね。
実際この一万と二万の差は正社員とバイトの賃金+保証の差と考えてもらえれば
わかる人にはわかるかと思います。


そしてもう一つのくじが
マイナス1万円のくじです。

引くと借金になります。
なぜかというとサラリーマンになると
サラリーマンの資本が学生やフリーターも同じなのですが
資本は体、自身なわけです。
サラリーマンをやっていく中で年を積み重ねることで明らかに
資本を削っていってしまうものです。
中には鍛えたりして、増やす人もいますが。

基本的には会社に長時間自身の命を投資して
燃やしお金を手に入れるわけです。
いづれ燃やすことのできる自身にも限りがあると誰しれも実感するときはきます。


なのでサラリーマンをするにあたってもある意味リスクはあるのです。

間違えて、マイナス1万を連続で弾き続けてしまうような人生の人もいるでしょう。

それに比べてバイトの方は0か1なので脳みそ使わなくても
目に見えるマイナスはありません。


ただどちらも同じなのですが、人間は平等に与えられているのは時間です。


どれだけのくじを引き続けることができる体力を持っているか
同じ時間でどれだけ多くを積み重ねることができるか。


期待値を見ると

バイトは
10回で10万
サラリーマンは
10回で20万な訳です。

違いわかりますよね??
一日10回
一年で365x10回

そうとな差が出ると思います。




自分の一度限りの人生どれだけ期待値を追えるかが
いい人生を積み立てられるかのコツだと感じます。