人に期待しない成功マインド。


どうも、しゅに。です。

他人に期待しない成功マインド

世の中には必要以上に他人に期待を抱く人がいます。
会社なんかだとよくある話ですね。

ノルマなんかが人への期待値だと考えると
期待しすぎ=ノルマの高すぎに値するんですが

それだと上手くいかないことが多いと思います。

あえて期待しない。ことでの成功マインドについてです。





まずは期待するとは


Aさんはいつも仕事量30はやってくれるから今月もAの仕事ノルマは30にしよう。


これが期待です。


こんな感じのことはいつもあると思います。

今までの数字だけを見て目標を決めるパターンです。


これは流れが良い時、上手くいっている時、調子が良い時であれば問題ないのですが。

環境を見据えていない目標設定のため失敗する可能性が十分にあります。

今までの市場感と今の市場感が時をたつにつれ変化しているはずなのです。

だから今まで通りの目標を維持していくのは実は相当難しかったりします。


たとえば靴屋さん。

今まで10000人の人がいて、誰も靴を履いていく靴の需要性が最大になった時

順調に靴の売上が右肩あがりでした。
毎月1000の数字を達成していたとしましょう。
おそらく5ヶ月目あたりから市場間は辛くなっていて
一年後には成立していない可能性もあります。


前は10000に対して1000だったのに対して
1000に対して1000の状況が来るからです。

100に対して1000追っている場合もあるかもしれません。

なので目標設定を今まで過去から算出するのではなく


市場感を考えないと上手くいかないでしょう。

大体こういう際に目標未達の場合

今までと変わっていないのにどうして数字が落ちたんだ。。。

と悩む人が大半だと思いますが。

失敗して今までと変わっていないといってしまうマインド自体が
すでに失敗しているのです。


時が経つに環境も変化しますし、数字も変化します。


PPM分析として市場感と相対してマーケットシェアを考える事業手法があるので
あながち間違いではないはずです。


なので他人に期待しない成功マインドというのは
他人に期待するよりも何よりも現状況をしっかり見極めることの大切さ

そして市場感から目標を立てることが
長く気持ちよく働くことができる必要条件だと感じます。


人を信じるよりも期待するよりも
まずは現実現状を見据えてそこから計算してやることが大切です。