アポは取れるが、契約にならない。アポ取って、契約を作るマインド

どうも、しゅに。です。
タイトル通りですね、アポは取れるが契約にならない。
こういう人多いんじゃないかなって思います。

新入社員として2ヶ月目の人が増えた時期だと思いますがこの悩み多いはずです。

仕事にはなれアポはめちゃくちゃ取れるようになったが契約にならない。
契約にならないアポっていうのはむしろ0よりも下のマイナスだと思っています。

今回は契約にならないアポについてです。




契約にならないアポは悪


なんとか、作ったアポ。
そうです。
入社した時はアポを取ることすらままならなかったと思います。

ただなれてきてめちゃくちゃアポ取れるようになったと思います。
逆にアポが取れなくて契約だけ今まで通り上がっている人の場合はセンスがあります。
アポもない契約もないは向いてないかもしれないですね!


アポだけめちゃくちゃあげても契約0っていうのは、マイナス案件です。
マイナス案件っていうのは赤字ってことですね。


なぜかというと、なんとか頑張ってアポにしました!

営業かけます→断られます→NG

こんなの時間の無駄ですね。
アホですね。


アポとるのが上手くなるよりも、どんな人からアポを取ると契約になるのか?
このマインドが必要です。

上手くいかない人はアポを沢山取らなきゃ!という意味不明なマインドに陥っている可能性が大きいです。
アポの質が悪いわけですね!
そりゃ頼みまくればなんとか時間を作ってくれてアポになって
結果的にアポの件数がすごいことになっていそうですが

なんせ質が悪いですね。
聞く姿勢になっていないアポばかりかと思います。

アポを取る段階で人を思いやる気持ちがあればこんなことにはならずに済むでしょう。
アポからの契約。
成約率が高ければ高いのは当たり前にいいことです。

低いということは機会的損失までも発生しているわけですからやはり赤字になるわけです。


なので新入社員さん、営業会社に入った最初はアポを取るコツよりも
どんなアポから契約になるのかを調べるのが一番大切ということです。


マインドとしては

件数に追われないこと。
追われることで余裕がなくなり質が悪くなります。
本当の意味で数字を追うこと。
アポなんかではなく目先の数字ではなく着地地点を見据えることが大切です。

お客様の声の質、色を見極めることが何よりも大切なわけです。